製品 ケーブル接続からワイヤレスへ エッジからコアへ

ET4205-SX

1GBPSマルチモード光トランシーバのワイド 動作温度:-40°C〜85°C

Edgecore ET4205-SXトランシーバは、ファイバ通信標準デュプレックスコネクタを備えたスモールフォームファクタプラガブル(SFP)モジュールです。

概要

Edgecore ET4205-SXトランシーバは、ファイバ通信用の標準標準二重レックスコネクタを備えたスモールフォームファクタプラガブル(SFP)モジュールです。この費用対効果の高いモジュールは、マルチモードファイバ(MMF)用に設計されており、高性能の表示波長850 nmで動作します。このモジュールは、ホットプラグ機能のSFP 20ピンコネクタをサポートしています。
 

トランスミッタセクションについて
このトランスミッタは、プラスチック製のバレルパッケージ内に収容された、光サブアセンブリ(OSA)内の高性能850 nm垂直共振器型面発光レーザ(VCSEL)レーザで構成されています。加えて、このコンポーネントはClass 1 レーザーで、International Safety Standard(国際安全規格)IEC-825 に準拠します。コンポーネントはまたEN60825-1 FDA 21 CFR 1040.10、および1040.11にも準拠しています。
 
レシーバセクションについて
レシーバは、OSA内の高感度トランスインピーダンス増幅器(TIA)と組み合わせた GaAs PINフォトダイオードで構成されています。このOSAの組み合わせは、使用不可能な入力光信号レベルが検出されたときに論理ハイ状態出力を提供するポスト増幅SD(信号検出)またはLOS(信号損失)指示回路を提供するポスト増幅器ICと組み合わされる。

仕様

機能

  • シングル + 3.3 V 電源
  • 差動入出力
  • SFP(Small Form Factor Pluggable)MSA 準拠。
  • SFF-8472 MSA Digital Diagnostic Monitor(DDM: デジタル診断モニタ)、Internal Calibration(内部較正)に準拠します。(SJ シリーズ)
  • Class 1 レーザー国際安全規格 IEC 825 準拠
  • EN60825-1、FDA 21 CFR 1040.10、および 1040.11 に準拠
  • コマーシャル用運転温度:0°Cから+ 70°C
  • 産業用動作温度: -40℃ ~ +85℃
  • RoHS 準拠

ダウンロード

カテゴリ ファイル名 バージョン リリース日 ファイルサイズ ダウンロード
Datasheet (データシート) ET4205-SX DS R01 US 2018-12-28 191.54 KB Download

「製品セレクタツール」をクリックすると、
必要な情報を検索できます。

製品セレクタツール

私は自発的にエッジコアネットワークスに私の権限と許可を与え、エッジコアネットワークスに提供する情報を使用し開示することを許可します

OK