ネットワークを強固なものに Edgecore Networksの世界各地の活動

Edgecore, Aprecomm VWEでWi-Fiソリューションを強化しネットワーク運用の自動化、強化、簡素化を実現

ネットワーク運用を簡素化し、顧客満足度を向上させるAIOpsソリューション


Hsinchu, Taiwan, 2022/11/03 - 企業、データセンター、通信サービスプロバイダー向けの従来型およびオープン型のネットワークソリューションのリーディングプロバイダーであるEdgecoreは、ビッグデータと機械学習を組み合わせてIT運用の自動化、IT効率の向上、ネットワーク運用の簡素化を実現するAIOpsソリューション「Aprecomm VWE (Virtual Wireless Expert)」を、EDGECORE ecCLOUDクラウドコントローラ向けの新しいアドオンサービスとして開始することを発表します。また、Edgecoreは、3ヶ月間の無料トライアルを正式に開始し、お客様に直接体験していただくことができます。 (https://wifi.edge-core.com/ec_addon_aprecomm).
 

クラウド管理は何年も前から開発されています。クラウドコントローラーを通じて、IT チームはネットワーク設定を迅速に管理することができます。しかし、ネットワークで動作するデバイスの数が増え続けることで、ITリソースに負担がかかり、その結果、ユーザー体験の問題がITチームにとって最大の難題となっています。ITチームは、ユーザーが遭遇するネットワークの問題を即座に理解できないことが多く、時には原因を突き止める前にフィールドテストを実施したり、問題を再現してみたりする必要さえあります。このため、エンドユーザーとネットワークオペレーターは、リアルタイムにコミュニケーションできない2つの孤立した島になってしまいます。
 
Edgecore
ecCLOUD コントローラで開始された付加価値サービスであるAprecomm VWEは、サブスクリプションオンデマンドによってアドオンサービスを有効にし、AIOpsサービスを自社のWi-Fiネットワークにすぐに統合することが可能です。ITチームは、VWEの内蔵AIエンジンを有効にすることで、AIアルゴリズムを通じて異なるネットワーク、サイト、AP、エンドデバイスからネットワークの問題を発見することができます。VWEは、クライアントが異なるAP間を移動している間、AP信号、チャネル使用状況、クライアント帯域、デバイスの状態などの詳細情報を提供し、ネットワーク問題を解決することができます。Aprecommのテストデータによると、VWE AIOpsアプリケーションを起動した後、ITチームがネットワークの問題を発見し、すぐに問題解決のためのソリューションを提供するまで平均13分しかかからず、Wi-Fi問題に係るダウンタイムを90%削減することができました。VWEはITチームの作業負荷を大幅に軽減するだけでなく、全体的なネットワーク体験も大きく向上させることができます。
 
例えば、MSPが2つのネットワークを同時に保守・運用する場合、VWEの管理インターフェースには、両ネットワークの各サイト、AP、クライアントのステータスや、現在のネットワークの問題や状況が表示されます。ITチームはリアルタイムのネットワークパフォーマンスを見ることができ、VWEは接続性、パフォーマンス、ローミング、安定性などを分析し、APデバイスとその結果生じる問題の原因を見つけ、影響を受けるデバイスをリストアップします。

 
AI機能でWi-Fiネットワーク運用の高効率化を実現するアプレコムのVWEサービスの主な特徴は以下の通りです。
 
  • インテリジェント周波数選択(IFS)。AIエンジンにより、体感品質、長期間観察された干渉パターン、帯域幅の考慮、その他様々な要因に基づいて、インテリジェントにチャンネルを選択することができます。
  • インテリジェント・クライアント・ステアリング(ICS)。11Vやその他のステアリング手法により、クライアントを最適な帯域に強制的に誘導します。最適な帯域は、体感品質指標に基づいて検討される。
  • ICA(Intelligent Cell Adapt):インテリジェントセルアダプト。AP間の体感品質指標に基づいてローミングするタイミングをインテリジェントに決定し、ローミング性能を向上させます。​
 
「お客様に優れたインターネット体験を提供することは、今日、すべてのサービスプロバイダーにとって不可避なものとなっています。ネットワークは常に複雑で、クラウドに移行するサービスが増えるにつれ、ダウンタイムが高くつくようになっています。AprecommのVWE、HiSense - QoE測定は、すべてのEdgecoreがワンクリックで利用できるようになるでしょう。」AprecommのCEOであるPramod Gummarajは、ネットワーク体験を最適化することで、VWEはサービスプロバイダに迅速なROIを提供しています。

"AprecommのVWEアドオンサービスは、従来のパフォーマンス監視を超え、AIの力で異なるネットワーク、サイト、デバイスの問題を迅速に特定、診断、対応します。" Edgecore Networksの副社長、Tengtai Hsu氏は、 "ITチームが、ありふれたタスクへの対応ではなく、ビジネス価値を高めることに集中できるようにします。"と述べています。

 
EdgecoreとAprecommが共同で発表したEdgecore Wi-Fi AIOpsソリューションは、企業、学校、病院、継続的なネットワーク拡張を必要とするISP/MSPなど、すべてのEdgecore Wi-Fi 6 AP ユーザーにネットワーク運用全体のパフォーマンスを迅速にアップグレードする方法を提供するものです。ecCLOUDコントローラを使用した環境では、Aprecomm VWEアドオンサービスを有効にするだけで、既存のWi-FiネットワークをAIOpsクラウドネットワークに迅速にアップグレードすることができます。AIOps Wi-Fi Solutionの詳細については、https://wifi.edge-core.com/ec_addon_aprecomm をご覧ください。
 
3-month Free Trial
  • ecCLOUD+Aprecomm VWEサービスを3ヶ月間無償で試用可能
  • 最大50台のAPに対応
  • 本無料トライアルは100名様限定、在庫限りとなります。
  • まずはEdgecore Wi-Fi(https://wifi.edge-core.com/ec_addon_aprecomm)にてご登録ください。​

ご利用:
Aprecomm VWEがecCLOUDで利用できるようになりました。詳しくは、sales@edge-core.com までお問い合わせください。
 
Edgecore Networksについて
Edgecore Networks Corporationは、大手ネットワークODMであるAccton Technology Corporationの100%子会社です。Edgecore Networksは、世界中のチャネルパートナーやシステムインテグレータを通じて、データセンター、サービスプロバイダ、企業、SMBの顧客向けに有線および無線ネットワーク製品およびソリューションを提供しています。Edgecore Networksはオープンネットワーキングのリーダーで、オープンWi-Fiアクセスポイント、パケットトランスポンダ、仮想PON OLT、セルサイトゲートウェイ、アグリゲーションルータ、1G、10G、25G、40G、100G、400G OCP AcceptedTMスイッチのフルラインを提供しており、商用およびオープンソースのNOSとSDNソフトウェアを選択することが可能です。
 
Edgecoreのビジョンは、顧客とパートナーがより多くのことを達成できるような接続ソリューションを提供することであり、ミッションは、分解とオープンソースソフトウェアを通じてネットワーク技術へのアクセスを民主化し、より良いものを提供することです。
詳細については、wifi.edge-core.comをご覧いただくか、sales@edge-core.com までお問い合わせください。
 

Edgecore Networks Media Contacts
North America: Tony Stramandinoli   tony_stramandinoli@edge-core.com  +1-949-290-7421
Asia: Lucille Lu     lucille_lu@edge-core.com          +886-3-505-3674