POWER YOUR NETWORKS SEE EDGECORE NETWORKS' ACTITVITIES AROUND THE WORLD

業界のコラボレーションにより、ラテンアメリカで最初の分散型光ネットワークが展開されます

チリを拠点とする電気通信プロバイダーのMundo Pacificoは、Cassini(Telecom Infra Project内で開発されたCoherent Switch)に基づくソフトウェア定義のIPネットワークであるHyperNETを導入することにより、チリ中部の主要都市のネットワーク容量を拡大すると発表しました。

HyperNETは、Edgecore Networksの分散型コヒーレントスイッチやオープンパケットトランスポンダであるCassiniに基づいており、長距離CFP2コヒーレント光モジュールとともに高性能スイッチングを提供します。従来のアプローチとは異なり、Cassiniは単一のプラットフォームでオプティカルからIPレイヤーを折りたたむため、大量のトラフィックを管理するのに非常に効率的です。

Mundo Pacificoは、Acacia CommunicationsなどのベンダーのCFP2-DCO(Digital Coherent Optics)を使用して、地域で最大の容量のネットワークを構築し、200または400 Gbpsのトランクで都市と村を相互接続し、ほとんどの場合、外部の光を必要とせずにかなりの距離をカバーしています。

ネットワーキングスタックは、IPインフュージョンのOcNOSに基づいています。これは、ホワイトボックス分解ネットワークソリューション向けの業界初のフル機能のネットワークOSであり、従来のネットワークからオープンネットワークへのシームレスな移行を提供します。ベンダーロックインソリューションの代わりに、分散型ネットワーキングモデルを使用すると、ネットワークオペレーターはオープンネットワークを構築、管理しながら、新しいネットワーク機能とサービスをより少ないTCOで迅速に展開できます。 OcNOSは、広範なスイッチングとルーティングプロトコルのサポートなどの高度な機能を備えています。 TIPのTAI(Transponder Abstraction Interface)を活用することにより、OcNOSは、どのような適合ベンダーのコヒーレント光モジュールも、統一された方法で簡単にサポートします。

ネットワークアーキテクチャは、ムンドパシフィコアーキテクチャチームによって設計されました。 Whitestackは、スイッチングと光技術のエンドツーエンドの統合と、サービスをプロビジョニングするためのWhitestackの自動化レイヤーをリアルタイムで、主要な付加価値サービスとして提供しました。

「当社は、テクノロジーリーダーによって開発され、最も破壊的技術のある通信事業者によって採用された最先端のテクノロジーをお客様に提供することにより、サービスを差別化しています」Mundo PacificoのCEOであるEnrique Coulembier氏は、次のように述べています。 「コロナウイルスの危機により、人々は家に留まる必要があり、ネットワークトラフィックがかつてないほど増加しました」またMundo PacificoネットワーキングマネージャーのMarcos Alcayaga氏は、「IPインフュージョンの豊富なキャリアグレードの機能セット、相互運用性、分解の有効化、ホワイトスタックのサポートにより、この分解されたアプローチにより、従来のトランスポート、MPLS、IPスタックに制限されるのではなく、容量を増やすことができます」と述べています。

IPインフュージョンの社長兼CEOの緒方淳氏は、次のように述べています。「Mundo Pacificoは、オープンな分散型ネットワークを実装している通信事業者に主要なネットワークオペレーティングシステムを提供するという、20年にわたるIPインフュージョンの経験を活用しています。 当社の分散型ネットワークOSソリューションにより、Mundo Pacificoは対象地域をカバーし、よりコストのかかるベンダーロックインオプションに代わる実証済みの代替手段を使用して将来的に拡大することができます。この分散型ネットワーキングソリューションは、新しいサービスの展開においてイノベーションの俊敏性を提供し、Mundo Pacificoの増大するトラフィック需要に対応します」

「Cassiniの優れたイノベーションは、テレコムインフラプロジェクトにグループ化された企業のコンソーシアムによって開発されたものであり、より多くの人々にインターネットアクセスを提供することを目的とした破壊的なネットワークテクノロジーの開発に焦点を当てたイニシアチブです」と、ペルーでこの技術を最初に試験をしたホワイトスタックのシニアアーキテクトであるGianpietro Lavado氏はこう付け加えました。

「私たちは、Mundo Pacifico、IP Infusion、Whitestackがオープンオプティカルパケットトランスポートチームおよび業界全体にとって重要な成果を達成したことを祝福します。これは、プレーヤーが共同で作業すると、非常に具体的な問題に対する素晴らしいソリューションを生み出せることを示しています。 TIP Executive DirectorのAttilio Zani氏はこのように述べています。

Cassiniスイッチを備えたEdgecore Networksは、オプティカル、データセンター、サービスプロバイダー、およびエンタープライズネットワークオペレーターの幅広いユースケースにオープンネットワーキングソリューションを提供し続けています。 Edgecore NetworksのCEO、George Tchaparianは次のように述べています。Mundo PacificoがCassiniをベースにしたHyperNETを選択して、ネットワーク容量を拡張できることを嬉しく思います。 堅牢なOcNOSソフトウェア機能とEdgecore高性能スイッチの組み合わせは、新しいオープンネットワーキングインフラストラクチャにより、Mundo Pacificoにビジネスとテクノロジーの大きなメリットをもたらします。」

詳細については以下のリンクをご参照ください
https://telecominfraproject.com/industry-collaboration-deploys-first-disaggregated-optical-network-in-latin-america/