POWER YOUR NETWORKS SEE EDGECORE NETWORKS' ACTITVITIES AROUND THE WORLD

CTC、Yahoo! JAPANのデータ分析基盤にオープンネットワーキング・ソリューションを提供

2019年4月25日、CTCはヤフー株式会社のデータ分析基盤に、ハードウェアとOSを状況に合わせて組み合わせてネットワーク構築をする、『オープンネットワーキング・ソリューション』を提供したと発表しました。Yahoo! JAPANでは2019年の3月から新しいネットワークを使い、分析基盤の運用を開始しています。 

オープンネットワーキングとは、ハードウェアとOSを状況に合わせて組み合わせることで、特定メーカーの独自技術に依存せず、柔軟にネットワーク構築をする技術です。今回のソリューションでは、ハードウェアはOpen Compute Project(OCP)の仕様に基づいたシャーシ型スイッチの『Backpack』と、当社のボックス型スイッチ『AS5812-54T』を採用しています。

OSには、LinuxベースのネットワークOS、Cumulus Networksの『Cumulus Linux』を採用しています。ネットワークは、拡張性と可用性に優れたIP Closネットワークで構成しており、その上で仮想的にレイヤ2通信を実現する技術であるVXLANを採用しました。LinuxベースのネットワークOSを採用したことによって、オープンソースソフトウェア(OSS)の運用ツールを使い、ネットワーク運用の効率化と自動化を図ることが可能です。また、米国の大手OTT事業者が導入しているデータセンターネットワークの設計を採用することで、ネットワーク帯域を有効活用するとともに拡張性の高いネットワークを実現しました。



参照URL:
http://www.ctc-g.co.jp/news/press/20190425a.html
https://it.impressbm.co.jp/articles/-/17845
https://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1182183.html