POWER YOUR NETWORKS SEE EDGECORE NETWORKS' ACTITVITIES AROUND THE WORLD

データセンター、企業、および通信サービスプロバイダー向けのオープンネットワーキングソリューションを南港エキシビションセンター2号館のブース番号P0208で展示します。

Hsinchu Taiwan - Computex Taipei - オープンネットワーキングの大手ソリューションプロバイダーであるEdgecore Networksは本日、5月28日から6月1日までの間、Computex Taipeiのブース番号P0208、ホール2、台北南港エキシビションセンターでその製品を展示することを発表しました。コアネットワークへのアクセスから、データセンター、通信サービスプロバイダ、企業向けのオープンネットワーキングソリューションを提供します。

エンタープライズ、サービスプロバイダー、データセンターの各市場セグメントをターゲットにして、Edgecore Networksは革新的なオープンネットワーキングソリューションを継続的に提供し、ネットワークインフラプロバイダーがSDN管理のオープンネットワーキングインフラストラクチャの柔軟性、低コスト、そしてソフトウェア制御を強化します。

データセンター間の長距離および広帯域幅接続を可能にするEdgecore Networksは、データセンター相互接続に加えて、一連の大容量、高密度、100Gディープバッファルーターおよび広帯域幅オープンパケットトランスポンダスイッチを提供します。データセンター用の高性能25G / 100Gリーフおよびスパインスイッチです。

Edgecore Networksは、OCP(Open Compute Project)、ONF(Open Networking Foundation)、Telecom Infra Project(TIP)に積極的に参加して、25以上のオープンハードウェア設計に貢献し、オープンネットワークエコシステムを革新し、充実させました。世界初の固定ブロードバンドアクセスネットワーク用のオープンオプティカルラインターミナル(OLT)の提供に加えて、オープンネットワークのリーダーとしてのEdgecore Networksは、業界初の非集約型セルサイトゲートウェイとセルラートラフィックにバックホール接続を提供し、採用を促進します。4Gおよび将来の5G携帯電話事業者向けのオープンネットワーキングです。

Computex Taipei 2019で、Edgecore Networksは以下について説明させていただきます。
 
・データセンターと企業向けのオープンネットワーク
・AS9716-32D 400Gデータセンタースパインスイッチ、1Uフォームファクタで32個のQSFP-DDポートを提供し、パブリックおよびプライベートネットワーク事業者のインフラストラクチャ容量の拡大
・高性能コンピューティングクラスタおよび高周波取引アプリケーション向けに設計された、10 / 25G接続をサポートするAS7326-52X 25G TORおよびSpineデータセンタースイッチ
・32個の100G QSFP28ポートを備えたAS7726-32X 100Gデータセンタースイッチ
・Minipack AS 8000は、12.8 Tbpsの容量を備えた4Uフォームファクタのモジュラシステムで、最大128 x 100 Gまたは32 x 400 Gポート、最大8つのホットスワップ対応ラインカード、​​電源モジュール、およびファンモジュールをサポートします。
・Computex Best Choice賞を受賞した製品、100Gコヒーレントスイッチ、AS7716-24SC CASSINIオープンパケットトランスポンダ。これにより、ネットワーク事業者は、メトロおよびロングDWDMネットワークを1.5Uモジュラープラットフォームに容易に拡張および移行できます。

通信サービスプロバイダーのためのオープンネットワーキング
・モバイルセルラータワーサイトを屋外キャビネットに配置するために設計された、分離型セルサイトゲートウェイ。OCP準拠設計およびTIP準拠設計を含む、-40〜65℃の動作をサポートします。
・ASXvOLT16は、サービスプロバイダーがOCP TelcoワーキンググループのAT&T Open XGS-PON仕様に準拠し、複数のソフトウェアを選択してCORDアーキテクチャから10G PONサービスを展開できる業界初のオープンネットワーキングOLT、仮想10G PON OLTです。
・ASGvOLT64、64ポートOpen Network GPON OLT。低コストで高密度の展開に最適です。
・SAF51001I uCPE、サービス・プロバイダー用のオープン・ネットワーキングのユニバーサルCPE
 
企業および通信事業者向けの有線および無線の統合ソリューション
・ECS4530-54CSFP L2コンパクトポート1Uサイズの24個の双方向ポートを備えた高ポート密度ギガビットイーサネットファイバスイッチで、48個のCPEへのダウンリンクを提供します。 FTTHトリプルプレイサービスを提供するISP / MSOにとって理想的な設計です。
・16個の10Gポートと2個の40Gアップリンクを備えたECS5520-18X L2 10Gスイッチ。フルL2機能を備えたエンタープライズアグリゲーションネットワーク用に設計されています。
・ECS4100およびECS4120シリーズは、ISP、MSO、企業向けに設計された高性能且つコストパフォーマンスの高いギガビットイーサネットアクセススイッチで、迅速なファイバツーホームアップグレードが可能です。
ワイヤレスシティ向けの迅速で簡単なホットスポットサービスを可能にするコントローラと屋内および屋外のエンタープライズアクセスポイントを備えた統合エンタープライズWi-Fiソリューションです。
 
Edgecore Networksについて
Edgecore Networks Corporationは、大手ネットワークODMであるAccton Technology Corporationの100%子会社です。 Edgecore Networksは、データセンター、サービスプロバイダー、エンタープライズ、およびSMBのお客様に、世界中のチャネルパートナーおよびシステムインテグレーターを通じて、有線および無線のネットワーキング製品およびソリューションを提供しています。 Edgecore Networksはオープンネットワーキングのリーダーであり、オープンWi-Fiアクセスポイント、パケットトランスポンダ、仮想PON OLT、セルサイトゲートウェイ、そして1G、10G、25G、40G、100Gおよび400GのOCP Accepted™スイッチを提供します。商用およびオープンソースのNOSおよびSDNソフトウェア。詳しくはwww.edge-core.comをご覧ください。

メディア連絡先
Lucille Lu, lucille_lu@edge-core.com 886-3-505-3674, +886-939-226-043
 
すべての商標、サービスマーク、登録商標、または登録サービスマークは、それぞれの所有者に帰属します。
©2019 Edgecore Networks
ここに含まれる情報は予告なく変更されることがあります。 Edgecore Networksは、本書に含まれる技術的または編集上の誤りまたは欠落について責任を負いません。