Cumulus Linux と Edgecore 製スイッチによる深いレベルのネットワークの可視化

Edgecore Networks と Cumulus Networks 社が Web 規模のネットワーキングで TCO を削減
 
大小両方の規模の組織が、追加の予算や人員を投じることなくサービスレベルを維持または改善する上での課題に直面しているため、テクノロジのイノベーションは、先進的であり続けるための重要な競争上の優位性になる可能性があります。多くの IT リーダーが、自社のデータセンターで明快さ、自動化、スケーラビリティを改善する方法として、また、投資収益率を最適化する方法として、Web 規模でのネットワーキングを検討しています。
 
従来のネットワーキングソリューションから、Edgecore 製ハードウェアと Cumulus Linux を使用して Web 規模のネットワーキングに移行したお客様は、設備投資と運用コストの両方で、速やかに利益を得てきました。その額は、100 万ドル単位となることもしばしばです。
 
こちらをクリック[HS1] してレポートをご覧ください。Edgecore と Cumulus 社が、データセンターのイノベーションと、際立った TCO の節約を、どのように推進しているかをご確認いただけます。


 
成功のケーススタディ - Ethode 社
過去数年の間、LightSpeed Hosting 社の子会社である Ethode 社は、従来の、独自技術によるデータセンターネットワーキングのベンダを利用した結果、さまざまな制約やサポート上の不満を経験してきました。Ethode 社では、重大な問題が発生したときにはいつでも支援を得られるように、専門家のサポートスタッフを利用できるネットワークオペレーティングシステム(NOS)ソリューションを見つけることが絶対に必要になりました。同社はまた、カスタムインテグレーションの追加が可能で、コンプライアンス関係の顧客にネットワークの高度な監視と検出を提供する機能が用意された NOS を必要としていました。これは、独自技術のベンダでは不可能だと Ethode 社が判断したタスクです。
 
Ethode 社がどのように、Edgecore 製のデータセンタースイッチと Cumulus Linux を活用して、効率的で柔軟性の高い Web 規模のネットワークを展開したかをご覧ください。