ITM 大学グルグラム 校(現 The NorthCap 大学)のケーススタディ

ITM 大学(以前の Institute of Technology and Management)は、技術と経営学における卓越した教育を促進するため、Educate India Society(1860 年の協会登録法のもとで登録)によって 1996 年に創立されました。インド、ハリヤナ州グルグラムの中心部にある、広大で多様性に富む大学地区では、ほぼ 3,000 人の学生が学んでいます。

ITM 大学は現在、デリー首都圏(NCR)における最高レベルの大学の 1 つです。同大学は、すべての学生が、生産的で倫理的な地球市民として成功を収めるために、知識、スキル、意欲を伸ばすことに取り組んでいます。

大学業務面の課題
大学の経営陣は、ITM 大学のすべての学生と学部にオンラインの学習教材を提供する IT サービスを実現するというビジョンを持っていました。大学の隅々にわたってクラス最高の IT インフラストラクチャとインターネット通信を導入し、24 時間 365 日の可用性と最小限のダウンタイムを持つ業界最高のソリューションを配備するのです。学生は、最大限に教育を活用することができるようになります。
 
 ネットワークソリューション

目標
サービスの提供を拡大し、スタッフが保守に費やす労力を軽減するのと同時に、すべてのキャンパスをつなぐ高速ネットワークを構築する。強力で回復力があり、機敏な対応が可能なネットワークを使用して、急速な進歩を遂げるキャンパス環境に対応し、リッチメディアの利用、Web 会議、オンラインのコンテンツ配信、多数のアクセスデバイスをサポートする。

アプローチ
サーバー、ネットワーキング製品、同種のネットワークコンポーネントに基づく低コストの長期的モデルへ移行し、ネットワーク全体にわたるコンピューティングの一元管理を提供します。

大学業務のテクノロジの強化
  • キャンパスの建物間のネットワーク帯域幅を 100 Mbps から 1 Gbps に拡大し、コンテンツやコースの配信のために増大するネットワーク利用のサポートが強化されました。
  • 毎週のように発生していたサービスの問い合わせや停止はほとんどなくなり、解放されたスタッフはより重要なプロジェクトに集中できます。
  • ネットワークの展開、管理、監視、トラブルシューティングは、Edge-Core のマネージドネットワーキングソリューションの利用によって、今ではより容易になっています。
 
 
ネットワークソリューション

2 台のレイヤ 3 スイッチ(ECS4610-26T と ECS4610-24F)が、VRRP 構成を使用した完全冗長モードで、ネットワークの中核に据え付けられています。ファイアウォールでは、最大 1 Gbps のトラフィックがインターネット上をワイヤスピードで流れるようになっています。大学の中央図書館、デジタルライブラリ、e-ラーニングセンターが、大学全体でノンブロッキングモードで確実に動作するように、1 Gbps のバックボーンと Websmart GE Switch(ECS2000-10P)につながったレイヤ 2 マネージドスイッチ(ECS4110-52T)が展開されました。内外の脅威に対するセキュリティが強化され、Edge-Core のマネージドスイッチで、VLAN、ACL、ブロードキャストストーム制御、DDoS 攻撃対策によるセキュリティを適用し、トラフィックの分類と分離が行われています。
 
導入後、大学のさまざまな部門が、部門の仮想化サーバーの必要を満たすためにコアネットワークの利用を開始しました。そして、それが新規サーバーの調達コストの削減に寄与しました。このソリューションは、大学がクラスタコンピューティングとグリッドコンピューティングを検討する助けにもなりました。

また、エンドツーエンドのソリューションの展開は、複雑なテクノロジを管理するスキルを持つ人的資源を見つけて確保するというITM大学の課題の克服に役立ちました。このソリューションは、ネットワークの活用と信頼性を高めることに寄与したからです。

導入中には、ビデオのスループット、管理のしやすさ、学生が期待するセキュリティの要件に対応して、ワイヤレス接続の計画を再調整する必要がありました。ITM 大学の上層部と技術チームは、Edge-Core のチームと協力して、プロジェクトを成功のうちに完了しました。

大学業務面の結果
この導入は、ITM 大学にいろいろな意味でメリットをもたらしました。コアネットワークで完全な管理と冗長性を利用することで、コストが大幅に削減されました。同一の集中型ネットワークを使用して、ビデオ、オンデマンド学習、サイネージ、仮想化、クラウドコンピューティングなどの新しいサービスをシームレスに展開できます。スタッフの立場から言えば、最先端のテクノロジを使用して仕事をするのでモチベーションが高まります。導入されたソリューションにより、システムの可用性が大幅に高まりました。音声、ビデオ、データをいつでも、どこでも、誰でも使用できるのです。ユーザーエクスペリエンスとオフィス内/オフィス間のコミュニケーションが改善されて、ネットワークが、大学を動かしている車輪の重要な歯車と認識されるようになりました。

達成された目標
ITM 大学の目標は、学生の技術的/専門的知識、並びに知力、分析力、実践スキルを伸ばし、直接的に関連する分野だけでなく、その他の職業上の環境において、キャリア面の成功を収めるために必要な学問的ツールや専門的ツールを提供することです。Edge-Core は、キャンパス全体にわたってマネージドネットワークを展開することで、大幅なコストの削減を達成しました。そして現在では、大学が、ビデオ、仮想化、クラウドコンピューティングなどの新しいサービスをずっと容易に推進できるようになっています。

このケーススタディで使用された製品
ECS4610-26T      L3 Gigabit Ethernet Stackable Switch
ECS4610-24F      L3 Gigabit SFP Aggregation Switch
ECS4110-52T      L2 GE Standalone Switch
ECS2000-10P      Websmart GE Switch